京都で1952年から豆の販売をされている小川珈琲さんのバリスタさんにエスプレッソなどの入れ方について講習していただきました。 今自宅で簡単にエスプレッソを飲めるカセット式のマシンがあります。 それで十分やんって思っていました。 バリスタさん  ごめんなさい全然違います! 豆の種類、豆のひき方、押さえ方?、色んなテクニックが加わってエスプレッソの味になるんですね。 バリスタの世界でも選手権があるそうですよ。来年1月に。 今話題のラテアートの模様の描き方を競い合うのかと思いきや、見た目だけでなく味まで評価されるそうです。 豆によって微妙に味が違う中でその豆の特徴をいかに引き出して抽出できるかが勝負。 小川珈~1 バリスタ3 娘も挑戦!やっぱりプロは違うわ!いい勉強になりました! これがプロの技です。 バリスタ お花の世界と一緒なんですね。 お花の世界もアレンジを作るだけでなく、その季節の花をどのように使うかで出来上がりがゴロリと変わります。 珈琲も奥が深いですね。背伸びせずに自分たちができるレベルからスタートしてお客様の満足度を上げていければと思います。 小川珈琲さんありがとうございました。